Raspberry Pi Imagerでモニター無しの初期設定セットアップ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Raspberry Pi Imager

知らんうちに公式でOSイメージライターが出ていた。前やったときはなかったのに。環境計が欲しいと思いEnviroを購入したが、いまノーパソしかなくモニターが無いからセットアップできなーいと思っていたので僥倖である。ちなみに以前からUSB経由でモニタ無しセットアップはできたらしい。そうですか。

スポンサーリンク

インストール

Raspberry Pi OS – Raspberry Pi
From industries large and small, to the kitchen table tinkerer, to the classroom coder, we make computing accessible and affordable for everybody.

公式で配布されているのをダウンロードしてインストール。私はWindowsだ。45秒の動画もある。

スポンサーリンク

bootSD作成

そこら中に解説があるので今更ですが、せっかくなので備忘録を残しておく。

起動

シンプル。

OS&Strage選択

入れたいOSと保存先を選ぶ。今回はRaspberry Pi OS (other)の

Raspberry Pi OS Lite (32-bit)を選んだ。

保存先は保存したいドライブを選ぶ。今回はドンキで買った16GBのMicroSDカード。

拡張オプション

Ctrl + Shift + Xで拡張オプションが開く。

  • 今回のみか永続的か
  • オーバスキャンを無効化するか
  • hostnameの設定
  • SSHを有効化するか

 

  • パスワード認証の場合ーパスワードを設定できる
  • 公開鍵認証の場合ー自分の鍵情報が表示される
  • Wi-fi設定
  • 今PCで繋いでいるWi-fiのSSIDが表示される

 

  • Wi-fiパスワード
  • show~にチェック入れるとマスクが外れる
  • countryはJPに変更
  • ロケールの設定
  • タイムゾーンはAsia/Tokyo
  • キーボードはjpに変更
  • skip~はLiteだと関係なさそうだけど一応チェックする

 

  • 終わったら音鳴らすか
  • 終わったらメディアを排出するか
  • どのイメージを使用したかの統計に協力するか

なんかもうすごいよねー。進歩するんだなぁ。設定が終わったらWRITEをクリックして元のデータ消えちゃうよにOKして作成~。

スポンサーリンク

TeraTermでSSH接続

できたSDカードをラズパイにセットし、電源だけ繋げてあげる。ちょっと待つ。WI-fiルータの設定画面を見ると

いますね!ということで

こうして

こうして

できたー!じゃあ次はEnviroを使えるようにしていこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました